拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 山躑躅 Genpoyoka Torch azalea

作品詳細 山躑躅(ヤマツツジ)はツツジ科ツツジ属の半落葉低木。北海道から九州まで、日本全国の山野に分布しています。名前の由来は、花が次々に連なって咲く様子をあらわす続き(つづき)からという説や、花の形の筒(つつ)状になっている...
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 藤 Genpoyoka Wistaria

作品詳細 藤(フジ)はマメ科フジ属のつる性落葉木本。4月から5月に長い穂のような花序を垂れ下げて咲きます。名前の由来としては、長く垂れ下がる花の様子を「フキチリ(吹き散り)」または「フサタリハナ(房垂花)」と呼んだことによると...
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 大豆 Genpoyoka Soybean

作品詳細 大豆(ダイズ)は、中国原産のマメ科の植物。日本では五穀の一つに数えられ、『古事記』や『日本書紀』にもすでに記録が残されています。
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 酔芙蓉 Genpoyoka Confederate rose

作品詳細 酔芙蓉(スイフヨウ)は、古くから日本や中国などに多く自生しているアオイ科の落葉低木。夏から秋に、1日で白からピンクへ変わる花を咲かせます。花色の変化がお酒を飲んで酔ったように見えることから、この名がつきました。
水墨画 Suiboku-ga(Ink Painting)

虎図 (Tiger)

作品詳細
水墨画 Suiboku-ga(Ink Painting)

カワハギとシュモクザメ (Thread-sail filefish and Hammerhead shark)

作品詳細 作品解説 実際の大きさと違い、カワハギの方がシュモクザメよりも大きく描かれています。 カワハギのひれの部分のみ、赤が使われ、あとは墨だけが用いられています。 署名はなく、印は「藤女鈞印」(白文方印)、「若冲...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました