黄蜀葵/Abelmoschus manihot

水墨画 Suiboku-ga(Ink Painting)

四季花鳥図押絵貼屏風 Shiki Kacho-zu Oshiebari Byobu(Birds and Flowers of the Four Seasons)

四季花鳥図押絵貼屏風(部分) 作品詳細
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 松本仙翁

作品詳細 撫子とされてきたが、葉の形状から見て別属のマツモトセンノウである。京都はこの仲間の栽培の中心で、江戸時代には多くの品種が育成された。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 黄蜀葵

作品詳細 原産地は中国で、日本へは古い時代に渡来。根を黄蜀葵根といい、鎮咳薬などに用いられる。根から抽出する粘液「糊」が、紙すきの際にコウゾ、ミツマタなどの植物の繊維を均一にするための添加剤として利用された。黄蜀葵の茎には...
タイトルとURLをコピーしました