虫/Insect

拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 瓢箪 Genpoyoka Gourd

作品詳細 瓢箪(ヒョウタン)はウリ科の植物で、干瓢(カンピョウ)にするユウガオの変種。日本には縄文時代に伝わり、果実を乾燥させて容器や装飾品などに加工して使いました。
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 華鬘草 Genpoyoka Bleeding heart

作品詳細 華鬘草(ケマンソウ)はケマンソウ亜科の多年草。仏具の華鬘に似ていることからこの名がつきました。別名鯛釣り草(タイツリソウ)、フジボタン、ケマンボタン、ヨウラクボタン。茎の先端や上部の枝に長い花茎を出して、独特の形...
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 蕪 Genpoyoka Turnip

作品詳細 蕪(カブ)はアブラナ科アブラナ属の越年草。名前の由来は、頭を意味する「かぶり」、根を意味する「株」などいくつか存在します。 古事記や日本書紀にも蕪についての記述があり、日本では古くから栽培されていました。
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 山萩 Genpoyoka Bush clover

作品詳細 山萩(ヤマハギ)はマメ科ハギ属の落葉半低木。北海道から九州まで日本各地の山野に分布し、秋の七草の一つとしても古くから日本人に親しまれています。
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 芭蕉 Genpoyoka Basho(Japanese banana)

作品詳細 芭蕉(バショウ)はバショウ科バショウ属の大型多年草。葉の繊維は芭蕉布を織るのに使われ、製紙の原料にもなります。
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 棕櫚 Genpoyoka Shuro(Palm Tree)

作品詳細 棕櫚(シュロ)は日本の南九州が原産で幹の高さは5~6メートルになり、上部に手の平の形をした葉をたくさんつけます。英語のpalmは葉の形が手の平と似ていることに由来します。
タイトルとURLをコピーしました