拓版画 Takuhanga

拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 藤 Genpoyoka Wistaria

作品詳細 藤(フジ)はマメ科フジ属のつる性落葉木本。4月から5月に長い穂のような花序を垂れ下げて咲きます。名前の由来としては、長く垂れ下がる花の様子を「フキチリ(吹き散り)」または「フサタリハナ(房垂花)」と呼んだことによると...
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 大豆 Genpoyoka Soybean

作品詳細 大豆(ダイズ)は、中国原産のマメ科の植物。日本では五穀の一つに数えられ、『古事記』や『日本書紀』にもすでに記録が残されています。
拓版画 Takuhanga

玄圃瑤華 酔芙蓉 Genpoyoka Confederate rose

作品詳細 酔芙蓉(スイフヨウ)は、古くから日本や中国などに多く自生しているアオイ科の落葉低木。夏から秋に、1日で白からピンクへ変わる花を咲かせます。花色の変化がお酒を飲んで酔ったように見えることから、この名がつきました。
拓版画 Takuhanga

乗興舟 (Happy Improvisations on a Riverboat Journey)4

⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ⑳ 作品詳細 作品解説 ⑯ 長柄 白葛 平沙に曝し 春風 尚ほ雪かと怯ゆ (白い布地が 平らな砂地にさらしてある、 春風がひんやりするのと相まって ...
拓版画 Takuhanga

乗興舟 (Happy Improvisations on a Riverboat Journey)3

⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ 作品詳細 作品解説 ⑪ 水光 夕日を含み 樹色 春烟を帯ぶ (水面には夕陽がきらめき、 木々は春の靄に包まれている) 布帆 去鳥の外 茅屋 疎林の間 ...
拓版画 Takuhanga

乗興舟 (Happy Improvisations on a Riverboat Journey)2

⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ 作品詳細 作品解説 ⑥ 橋本 一片の霜翎 碧霄に舞ふ (大きな真っ白い翼が青空に舞う) ⑦ 古渡 行人少れにして 短棹 止まること夷猶 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました