信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 牡丹

作品詳細 作品解説 若冲83歳ごろの作。 もともとは石峰寺観音堂の天井画でしたが、現在は京都の信行寺本堂外陣の格天井を飾っています。 南北8段、東西21列、計168の格子面に1種類ずつ花が...
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 百合

作品詳細 百合はユリ科ユリ属の総称で、アジアを中心に原種100以上。古くから愛され、ことに尾張には品種が多かったとされる。生薬名は百合(びゃくごう)といい、2000年前の中国の薬物書にも掲載されている。 『若冲の...
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 梅

作品詳細 梅は遣唐使によって中国から日本に伝来した。すべての花に先駆けて咲き、春の到来を告げ、生命の再生を象徴する花であることから、春告草とも。平安以前には「花」といえば「梅」を指し、絵師たちもこぞって描い...
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 松本仙翁

作品詳細 撫子とされてきたが、葉の形状から見て別属のマツモトセンノウである。京都はこの仲間の栽培の中心で、江戸時代には多くの品種が育成された。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 黄蜀葵

作品詳細 原産地は中国で、日本へは古い時代に渡来。根を黄蜀葵根といい、鎮咳薬などに用いられる。根から抽出する粘液「糊」が、紙すきの際にコウゾ、ミツマタなどの植物の繊維を均一にするための添加剤として利用された。黄蜀葵の茎には...
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 菊

作品詳細 平安時代以降、菊花の宴を開くなど、菊は秋に人気の花だった。栽培熱がより高まったのは江戸時代の中期から後期にかけて。花の直径が18センチ以上のものを大菊といい、花形に...
タイトルとURLをコピーしました