イギリスのロマン主義

ターナー「雨、蒸気、スピード-グレート・ウェスタン鉄道」
イギリスのロマン主義

イギリスではロマン主義は風景画に現れました。

いまなおイギリス最大の風景画家と称えられるウィリアム・ターナーは、24歳でロイヤル・アカデミー準会員に選ばれて76歳で世を去るまで、イギリス画壇の中心的存在でした。

ターナーは地誌的風景を描く画家として出発しますが、大英帝国最盛期の画家らしく、イギリスのみならず、イタリアやアルプス渓谷、西インド諸島の火山など、幅広い画題を取り上げました。

そこに描かれるモチーフも朝日や夕日の光、蒸気機関車、汽船、国会議事堂の炎上など、バラエティに富んでいます。モチーフの形は朦朧とし、光と色彩が溶け込む幻想的な風景画は、当時としては革新的なものでした。 “イギリスのロマン主義” の続きを読む