後期印象派

19世紀 近代2

ポン・タヴェン派とナビ派

1880年代後半、フランス北西部ブルターニュのポン・タヴェン村には印象派や点描派、バルビゾン派風などの芸術家が集まっていました。 ゴーギャンを中心にベルナール、セリュジエ、ラヴァル、メイエル・ド・ハーンらからなるグループはポン...
19世紀 近代2

後期印象派

1880年代になると、印象派の画家たちの結びつきは薄くなり、1886年の印象派展が最後の開催になりました。 モネをはじめとした印象派の画家たちは、純粋な「目」になろうとしました。しかし、後期印象派のセザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ...
19世紀 近代2

新印象主義

最後の印象派展となった1886年の第8回展では、はじめて参加したスーラやシニャックの絵画が注目されました。 スーラとシニャックは、1884年に開かれた第1回アンデパンダン展で出会いました。 スーラは明確な形態と構成を重視...
19世紀 近代2

ゴッホ

19世紀 近代2

ゴーギャン

19世紀 近代2

セザンヌ

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました