19世紀 近代2

19世紀 近代2

アール・ヌーヴォー

19世紀末から20世紀初頭にかけて、デザイナーたちは時代にふさわしい新しい装飾芸術を追求しはじめます。 ジャポニズムやウィリアム・モリスのアーツ&クラフツ運動の影響、自然主義、象徴主義などが入り混じって、パリとブリュッセルでアール・ヌ...
19世紀 近代2

アーツ&クラフツ

19世紀後半、機械の発達や都市の成長によって工芸の世界に転換期が訪れ、従来の手仕事による生産形態はしだいに居場所を失いつつありました。 それに対して危機感を感じ、「何が人間にとって正しい工芸やデザインか」「そのためには社会はど...
19世紀 近代2

象徴主義

19世紀後半、産業革命以来の技術革新で、社会はベル・エポックと呼ばれる華やかな時代を迎えました。その時代に生まれた象徴主義は、物質主義社会への反抗として、神秘的なもの、超自然的なものを表現しようとしました。 フランスではシャヴ...
19世紀 近代2

ポン・タヴェン派とナビ派

1880年代後半、フランス北西部ブルターニュのポン・タヴェン村には印象派や点描派、バルビゾン派風などの芸術家が集まっていました。 ゴーギャンを中心にベルナール、セリュジエ、ラヴァル、メイエル・ド・ハーンらからなるグループはポン...
19世紀 近代2

後期印象派

1880年代になると、印象派の画家たちの結びつきは薄くなり、1886年の印象派展が最後の開催になりました。 モネをはじめとした印象派の画家たちは、純粋な「目」になろうとしました。しかし、後期印象派のセザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ...
19世紀 近代2

新印象主義

最後の印象派展となった1886年の第8回展では、はじめて参加したスーラやシニャックの絵画が注目されました。 スーラとシニャックは、1884年に開かれた第1回アンデパンダン展で出会いました。 スーラは明確な形態と構成を重視...
19世紀 近代2

ボナール

19世紀 近代2

アンソール

19世紀 近代2

ゴッホ

19世紀 近代2

ゴーギャン

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました