15~16世紀 ルネサンス

15~16世紀 ルネサンス

15世紀フランス美術 フランス中部

15世紀初頭のフランスでは、ブルゴーニュやベリーの宮廷画家たちが、板絵や写本挿絵を手掛けていました。彼らはフランドルの写実主義の基礎のうえに、フランスの文化的伝統を加味した画風でした。そのため、フランコ・フラマン派と呼ばれています。 ...
15~16世紀 ルネサンス

15世紀の北ネーデルラント美術

15世紀のネーデルラント美術は、フランドル地方の各都市のほうが経済的に豊かなこともあって、南部を中心に展開しました。 北ネーデルラントで修業した画家が南下して、フランドルで活躍する例も少なくありませんでした。 16世紀の...
15~16世紀 ルネサンス

15~16世紀のブリュージュ

15世紀のブリュージュは、各地の優れた画家たちを呼び寄せました。 ブリュージュ派を率いたヤン・ファン・エイクやクリストゥスも、後継者のメムリンクやダフィットにしても、美術市場を求めてよそから来た画家でした。 ハンス・メム...
15~16世紀 ルネサンス

16世紀のネーデルラント絵画

15世紀のネーデルラント絵画は、写実表現においてイタリアに影響を与える存在でしたが、16世紀にはいると地位が逆転し、イタリアを古典・古代美術の手本として仰ぐようになります。 多くの画家がイタリア各地を旅行し、遠近図法や理想的な...
15~16世紀 ルネサンス

15世紀後半のフランドル絵画

16世紀前半のイタリアの美術収集家、マルカントニオ・ミキエルの「美術品消息」には、当時のヴェネツィアには、メムリンク、ボスなどネーデルラント絵画が多く流入していたと記録が残っています。 ヨース・ファン・ヘントは1470年頃から...
15~16世紀 ルネサンス

ネーデルラント絵画 第二世代

ヤン・ファン・エイクとファン・デル・ウェイデンの偉業をどのように継承するかが、ネーデルラント第二世代以後の画家たちの課題でした。 第二世代に属するクリストゥスとバウツは、ともに優れた肖像画家の資質を持っていました。クリストゥス...
15~16世紀 ルネサンス

初期フランドル美術

初期フランドル美術は、ブルゴーニュ公国の支配下に花開きました。 フィリップ豪胆公が統治したブルゴーニュ公国は、まず首都ディジョンを中心に発展しました。 ディジョンの宮廷には、フィリップ豪胆公とその息子ジャン無畏公が芸術を...
15~16世紀 ルネサンス

マニエリスム

レオナルド・ダ・ヴィンチとラファエロが相次いで亡くなると、イタリアでは古典主義とは異なる新しい芸術が生まれました。「マニエリスム」と呼ばれるこの芸術は、洗練された技巧や幻想的な表現によって独特の表現様式を追求し、個性的な作品がつぎつ...
15~16世紀 ルネサンス

ドイツ・ルネサンス

15世紀のヨーロッパは、戦乱、動乱、疫病、飢餓に見舞われました。16世紀のドイツでは死の舞踏の主題が流行するなど、社会は不安と閉塞感に満ちていました。 そのような中、デューラー、グリューネヴァルト、クラナッハ、ホルバインらは、...
15~16世紀 ルネサンス

盛期ルネサンス

16世紀の最初の30年間は盛期ルネサンスと呼ばれます。15世紀末からの画家や彫刻家・建築家たちのさまざまな試みが、古典主義として大成しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました