国立西洋美術館

聖女カタリナの神秘の結婚-002

国立西洋美術館とは

国立西洋美術館は、1959年、松方コレクションを収蔵、公開するための美術館として設立されました。本館は20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの東アジアで唯一の作品です。

松方コレクションは、川崎造船の社長であった松方幸次郎が、第一次世界大戦末期から1920年代はじめにかけて、ヨーロッパで収集した世界でも有数のコレクションです。購入後、フランスに残されていた400点あまりの作品は、戦時中フランス政府に接収されていましたが、その後363点が日本に寄贈・返還されました。

ドラクロワ、クールベ、マネ、モネなどフランス近代絵画の代表的な作家の作品が網羅されています。前庭に設置されているロダンの『地獄の門』『考える人』『カレーの市民』など、ロダンの彫刻は59点に及びます。

その後、15世紀以降18世紀までに活躍した、いわゆるオールド・マスターを積極的に収集し、現在は開館時の4倍以上の2000点あまりが所蔵されています。


右のB2~2でフロアを切り替えることができます

所在地

〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

TEL

03-3828-5131

開館時間

9:30~17:30
秋の企画展閉会日以降の開館日~春の企画展開催日まで9:30~17:00
(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(定休日が祝日、振替休日と重なった場合は開館し、翌日が休館)
年末年始(12月28日~翌年1月1日)

アクセス

  • JR「上野」駅(公園口出口)より徒歩1分
  • 京成電鉄「京成上野」駅より徒歩7分
  • 東京メトロ・銀座線、日比谷線「上野」駅より徒歩8分

公式サイト

トップページ|国立西洋美術館
国立西洋美術館の公式サイト。展覧会・イベント情報、所蔵作品紹介、ショップ・レストランご利用案内など。

主な所蔵作品