ポーラ美術館

スーラ-グランカン-002

ポーラ美術館とは

ポーラグループのオーナーだった鈴木常司のコレクションを展示するために、2002年に設立された美術館。“自然と美術の共生”をコンセプトに、富士箱根伊豆国立公園のなかに建設されました。

箱根の展望が開けるガラス張りのエントランスホールは自然光を取り入れたアトリウムになっています。

印象派やエコール・ド・パリなどの西洋絵画だけでなく、黒田清輝、岸田劉生など日本の洋画家の作品や日本画、東洋磁器なども所蔵しています。

年2回の企画展があり、常設展示もそれに合わせて展示替えされています。


所在地

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

TEL

0460-84-2111

開館時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

なし(展示替えのための臨時休館あり)

アクセス

  • JR小田原線・小田急線・箱根登山線「箱根湯本」駅より箱根登山電車に乗り、「強羅」駅下車。箱根観光施設めぐりバス「Skylight」13分、「ポーラ美術館」下車
  • JR小田原線・小田急線・箱根登山線「箱根湯本」駅より「湖尻・桃源台」行き(仙石原経由)バスに乗り、「仙郷楼」前下車。箱根観光施設めぐりバス「Skylight」3分、「ポーラ美術館」下車


公式サイト

ポーラ美術館
ポーラ美術館の公式サイト。箱根、仙石原に2002年開館。印象派など西洋絵画を中心に約1万点を収蔵。企画展、常設展を開催。

主な所蔵作品