「ウルトラ植物博覧会2016」西畠清順と愉快な植物たち(ポーラ ミュージアム アネックス)

ultra plants-04

プラントハンターという仕事があることを、この展覧会を見るまで知りませんでした。

年間240トン以上の植物を仕入れるプラントハンターである西畠清順氏が、世界中から集めた希少植物が展示されています(8月4日~9月25日)。

会場でもらえるパンフの植物の説明が楽しい(表紙はイエメンの「砂漠のバラ」)。

ultra plants-02

“ガンコ親父”なサボテン「老楽」。「頭から水をかけてしまうと、急に機嫌が悪くなる」そう。

ultra plants-03

“絞め殺しの木”と呼ばれるガジュマル。

ultra plants-05

自分の中にアリを住まわせて守ってやり、排泄物を肥料代わりにする「アリノスダマ」。

ultra plants-01

コスタリカでハンティングした珍種「フィロデンドロン ベルコーサム」。立体的な色合いで存在感のある葉っぱ。

2015年の「ウルトラ植物博覧会」の様子。

タイトルとURLをコピーしました