冨嶽三十六景 駿州江尻

葛飾北斎 冨嶽三十六景 駿州江尻 hokusai_Ejiri in Suruga Province

作品詳細

  • Title:冨嶽三十六景 駿州江尻 Ejiri in Suruga Province (Sunshû Ejiri), from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjûrokkei)
  • Artist:葛飾北斎 Katsushika Hokusai
  • Medium:錦絵
  • Dimension:大判 25.2 x 37.5 cm
  • Date:1830–31 (天保1-2)年頃
江尻宿(現・静岡県静岡市清水区)は東海道18番目の宿駅だが、北斎はその近くの姥ヶ池あたりを描いたとされる。画面は、大きく蛇行する土手の往来をとらえたものだが、笠を飛ばされる男や、着物の裾を押さえる婦人など、強風に悩まされながら歩行を続ける様子が、精彩ある筆づかいで表現されており、空中に飛散する懐紙が、一段と空間の広がりや動きの効果を上げている。
『北斎クローズアップⅣ 風景画-名所絵からの昇華』
タイトルとURLをコピーしました