かゐこやしなひ草 第十一 布を織る

Katsukawa Shusho_No. 11, from the series Silkworm Cultivation (Kaiko yashinai gusa)

作品詳細

  • Title:かゐこやしなひ草 第十一 No.11, from the series Silkworm Cultivation (Kaiko yashinai gusa)
  • Artist:勝川春章 Katsukawa Shunshô
  • Dimensions:中判 Vertical chûban
  • Medium:錦絵 Woodblock print (nishiki-e); ink and color on paper

≪上部に書かれた説明文≫

第十一 蚕の神について、日本の故事から考えるならば、「火の神カグツチがハニヤマヒメと結婚し、ワクムズビを出産し、この神の頭の上に蚕と桑を生じた」という記述が『日本書紀』巻一(神代上)に見られることから、わが国では、ワクムスビをお祀りするべきではないでしょうか。また、『日本書紀』雄略紀6年3月の条には、第22代雄略天皇の后妃をしてみずから養蚕をされたと書かれています。中国の黄帝の后の西綾氏についての故事が『通鑑(つがん。中国宋の時代の史書、『資治通鑑』の略)』に書かれており、それに習ったものでしょう。

タイトルとURLをコピーしました