日本美術

お気に入りのアート

蔦の細道図屏風

作品詳細 「伊勢物語」第九段の場面を描いた作品。 男(在原業平)の一行が、駿河の国の宇津谷峠にさしかかったところ(蔦の細道)で、 偶然、顔見知りの修行者と出会います。 業平は京都の人に宛てて、その修行者に「駿河なる宇津の山辺のうつつにも夢に...
お気に入りのアート

百人一首之内 大納言経信

作品詳細 桶川市のさいたま文学館で開催されている百人一首の企画展で、国芳の版画が展示されていました。 この大納言経信の絵はその中の一枚です。 「夕されば 門田の稲葉 おとづれて 葦のまろやに 秋風ぞ吹く」 源経信が和歌を詠んだところ、風流を...
お気に入りのアート

二代目藤村半太夫の大磯の虎

作品詳細
お気に入りのアート

俳句を読む遊女

作品詳細
お気に入りのアート

眠り猫

作品詳細
お気に入りのアート

見立孫康

作品詳細 孫康は家が貧しかったため、雪明かりで学んだといわれる人物。蛍の光で勉強した車胤とともに「蛍雪の功」の由来となりました。
お気に入りのアート

見立三夕 西行法師

作品詳細 新古今和歌集にある「秋の夕暮れ」で終わる寂蓮法師、西行法師、藤原定家の3つの和歌は、「三夕の歌」と呼ばれています。 心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ 西行法師
お気に入りのアート

群鹿図

作品詳細
お気に入りのアート

鳩図扇面

作品詳細
お気に入りのアート

夜の梅

作品詳細
お気に入りのアート

軒先で梅の花を見る二人の女

作品詳細
お気に入りのアート

五常 信

作品詳細
お気に入りのアート

清水小町

作品詳細
お気に入りのアート

雪中相合傘

作品詳細 鈴木春信は和紙、墨、絵具に当時の最高級の画材を使いました。特に紙は、浮世絵版画では「本柾(ほんまさ)」と呼ばれる最高級の奉書紙で、春信の錦絵はほかの絵師のものに比べて何倍も高価なものだったそうです。 着物の模様表現には、版木に絵の...
お気に入りのアート

風俗四季哥仙 弥生

作品詳細
お気に入りのアート

縁先物語

作品詳細 Title:縁先物語 Lovers on a veranda, the young attendant (kamuro) peeping through the shoji. Artist:鈴木春信 Suzuki Harunobu...
お気に入りのアート

風俗四季哥仙 三月

作品詳細
お気に入りのアート

風俗四季哥仙 仲秋

作品詳細
お気に入りのアート

柿の実とり

作品詳細
お気に入りのアート

風流江戸八景 浅草晴嵐

作品詳細