Favorite arts

Favorite arts

風流四季哥仙 二月 水辺梅

作品詳細 「風流(あるいは風俗)四季歌仙」のシリーズは、古典和歌の詩情に発想の契機を得ながら描かれた、季感に富む美人風俗画の傑作として名高い。本図「二月 水辺梅」は、平経章の古歌「末むすぶ人の手さへや匂ふらん 梅の下行水のなかれハ...
Favorite arts

座敷八景 琴路の落雁

作品詳細 洞庭湖周辺の景勝の地を選んだ「瀟湘八景」は、中国画に伝統的な山水画の主題であり、日本においても漢画方面の画家によって好んで描かれ、のちには「近江八景」などの名所八景ものを派生させている。その八景を、日常卑近な生活の場景に...
Favorite arts

鈴木春信の「見立て」と「やつし」

鈴木春信の手がけた作品には、知識を備えた鑑賞者だけが作品の趣向を理解できる「見立て」と「やつし」の手法がとられたものが多数あります。 ところで「見立て」と「やつし」、どう違うのでしょうか? Wikipediaの説明は以下のようになっ...
Favorites-World

悦楽の園(右翼)2

便座に座って人間を食べる鳥の頭の悪魔 「大食」を犯した者への罰。 排泄された人間は、同じく「大食」の罪人が嘔吐させられている穴の中へ。 尻からコインを出しているのは「貪欲」の罪人。 楽器による罰 リュー...
Favorites-World

悦楽の園(右翼)1

右翼全体図 地獄 樹木人間 「悦楽の園」のなかで一番印象的なのが、この人(?)。 帽子の上に風笛(女性の生殖器を暗喩)を乗せ、顔は自画像とも。風笛の周りを人間と怪物のカップル(?)が周回しています。 卵の形をした...
Favorites-World

悦楽の園(中央パネル)2

下部はボスワールド全開な感じ。全裸の男女がそこここで欲望の赴くままに好き勝手なことをしていますが、卑猥な感じはしません。ここに描かれた人々は、画面に描かれた鳥や動物や昆虫と一緒で、知性もなけれ...
Favorites-World

悦楽の園(中央パネル)1

中央パネル全体図 1593年のエル・エスコリアル宮の目録によると、「悦楽の園」は「さまざまの気まぐれな象徴による、世界の多様性を描いた絵」。 中央パネルは西洋美術史上屈指の奇想の絵画で、さまざまな解釈がなされていますが、大ま...
Favorites-World

悦楽の園(左翼)

左翼全体図 エデンの園 さまざまな生物の始祖の創造が描かれています。 顔の形をした崖に立つ知恵の木。知恵の木には蛇が巻き付いている 顔の形の崖はダリが作品に転用しています。 生命の泉のなかの生命の木。ボス...
Favorites-World

乾草車(右翼)

地獄 中央の乾草車のパネルに出ていた人間たちの行きつく先。 罪人を収監する塔の建設に精を出す魔物たち 悪魔が地道に(?)塔を建てているところがユーモラス。材料は地獄に堕ちた者の魂だとか。 次々に塔に送られ...
Favorites-World

乾草車(中央)2

乾草車を引く妖怪たち、梯子をかけて登ろうとして転倒したのか、乾草をつかんだまま車輪にひかれそうになっている男 さすまたや素手で乾草を取ろうとする者たち、殴りかかる女を止めようとしている神父 歯の治療をするあやしい医者...
タイトルとURLをコピーしました