衣装・裂 Clothing & fragments

お気に入りのアート

小袖の生地と技法② 縫箔

縫箔 刺繍と摺箔の技法を用いたもの。 桃山時代の縫箔は、刺繍が主体で、箔は刺繍の隙間を埋めるものとして用いられました。 刺繍 初期の小袖の刺繍は、裂地の裏側をまわっていない渡し繍いであるため、表の糸はふわりと浮き、やわらかな縫い上りとなりま...
お気に入りのアート

小袖の生地と技法① 辻が花

辻が花 平安時代以降、上流階級の間で紋織物が貴重視され、染物は奈良時代の纐纈の伝統を引く絞り染だけが続いていました。 桃山時代に、小袖に絞り染に色挿し、摺箔などを併用するようになり、のちに「辻が花」と呼ばれました。 用いられた期間は室町時代...
お気に入りのアート

初期小袖の特徴

武田勝頼の継室、桂林院の肖像。 初期小袖時代~江戸時代前半は男女、貴賤を問わず立て膝かあぐらで坐っていました。 初期小袖の特徴 ①袖幅が狭く、身幅が広い。 ②襟肩あきが狭い。 ③衽下がりが少ない。 ④立褄が短い。 ⑤衽幅が広い。 ⑥後身幅と...
お気に入りのアート

小袖の変遷

小袖意匠の変遷 「小袖 日本伝統の装い、その華やかな歴史をたどる」長崎巌 より 小袖模様配置の変遷 「小袖 日本伝統の装い、その華やかな歴史をたどる」長崎巌 より
お気に入りのアート

着物の各部の名称

着物の各部の名称 「小袖 日本伝統の装い、その華やかな歴史をたどる」長崎巌 より
お気に入りのアート

薊に蝶文様小袖

作品詳細 杢目絞りの地に薊と蝶。
お気に入りのアート

蝶芒文様唐織

作品詳細
お気に入りのアート

群白鷺文様狩衣

作品詳細
お気に入りのアート

松藤揚羽蝶文様小袖

作品詳細 白練貫地に松樹、松と組物の藤花。
お気に入りのアート

鶴草花文様裂

作品詳細
お気に入りのアート

立涌に桐文様唐織打敷

作品詳細 「立涌」とは、「気」が立ちのぼる様子を意匠化したもの。 気は、古代中国において、万物の源となったと考えられていました。
お気に入りのアート

桐角紋散し文様狩衣

作品詳細
お気に入りのアート

御簾に牡丹文様被衣

作品詳細
お気に入りのアート

格子に牡丹と萩文様唐織

作品詳細
お気に入りのアート

段替わり牡丹に籠目と流水に松藤文様唐織

作品詳細
お気に入りのアート

松花に扇散し文様小袖

作品詳細
お気に入りのアート

松藤文様小袖

作品詳細
お気に入りのアート

藤に燕檜扇文様小袖裂

作品詳細
お気に入りのアート

瀧に藤文様帷子

作品詳細
お気に入りのアート

松樹に巻絹散し文様小袖

作品詳細