エル・グレコ『オルガス伯爵の埋葬』

スポンサーリンク

エル・グレコ『オルガス伯爵の埋葬』

作品詳細

  • Title:オルガス伯爵の埋葬
  • Artist:エル・グレコ
  • Date:1586-88年
  • Dimensions:460×360cm
  • Medium:油彩、カンヴァス
  • Collection:サント・トメ聖堂、トレド

作品解説

『オルガス伯爵の埋葬』は、毎年サント・トメ聖堂に寄進することを約束して1312年に死去したオルガス伯ルイスの埋葬の際、聖ステファノと聖アウグスティヌスが現れたという伝説に基づいた絵画です。

善行を積めば、死後の救済が得られるというカトリックの信条は、宗教改革に直面していた当時のカトリック教会がとくに強調していたものでした。

この絵は、地上の葬儀の情景と、天上の情景に二分されます。

天上の頂点にいるキリスト、聖母マリア、洗礼者ヨハネが三角形の構図をなしているのは、ビザンティン様式のイコンに見られる伝統的な構図と同じです。

そのほか、旧約・新約聖書に登場する聖人や殉教者が大勢描かれています。

地上に集うのは、絵を依頼したアンドレス・ヌニェスをはじめ、当時のトレドの著名な人物たちで、この絵には集団肖像画の意味もありました。

この絵は、グレコが独自の作風で描いた最初の作品であり、その生き生きとした描写が評判になり、グレコの名声を決定づけました。

タイトルとURLをコピーしました