20世紀以降

ムンク『マドンナ』

Munch_madonna

Artwork details
  • Title:マドンナ
  • Artist:エドゥアルド・ムンク
  • Date:1895-1902年
  • Dimensions:66.5×44.2cm
  • Medium:リトグラフ
  • Collection:大原美術館

作品解説

『マドンナ』は、ベルリンの「黒豚亭」という居酒屋に集まるグループのミューズ的な存在であったダグニー・ユールがモデルです。ノルウェーの首相一族であるダグニーは、その美貌と奔放な言動でグループのメンバーの憧れの的でした。

ダグニー・ユール
ダグニー・ユール

ムンクはダグニーに想いを寄せていましたが、ダグニーはグループのメンバーのブシビシェフスキーと結婚します。夫がいても奔放な生活をしていたダグニーは、後に愛人であるロシアの青年に撃たれて死ぬことになります。

ムンクは『マドンナ』というタイトルの作品を1893年頃から多数制作しましたが、これらの作品に描かれた女性は「マドンナ」=聖母のイメージとは程遠いものです。

左隅の胎児と周囲を縁取る精子や、女性の恍惚とした表情から、生・性がテーマのようでありながら、死を感じさせる不吉な雰囲気もたたえています。

女性を美の対象として神聖化する一方、男性を誘惑して破滅に導く「ファム・ファタール」と捉えていたムンクの女性観が色濃く反映されています。

関連記事

  1. モネ『睡蓮』
  2. ルノワール『読書するふたり』
  3. ゴーギャン『かぐわしき大地』
  4. セザンヌ『サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール』
  5. ルノワール『モーリス・ドゥニ夫人』
  6. ゴーギャン『海辺に立つブルターニュの少女たち』
  7. アンソール『仮面の中の自画像』
  8. レンブラント『広つば帽を被った男』

スポンサーリンク

翻訳 Translation

  1. ゴヤ『黒い絵』
  2. ジョット『小鳥への説教』
  3. レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』
  4. フラ・アンジェリコ『受胎告知』
  5. フェルメール『手紙を読む女(青衣の女)』
  6. カラヴァッジョ『果物籠』
PAGE TOP