20世紀以降

ムンク『マドンナ』

Munch_madonna

Artwork details
  • Title:マドンナ
  • Artist:エドゥアルド・ムンク
  • Date:1895-1902年
  • Dimensions:66.5×44.2cm
  • Medium:リトグラフ
  • Collection:大原美術館

作品解説

『マドンナ』は、ベルリンの「黒豚亭」という居酒屋に集まるグループのミューズ的な存在であったダグニー・ユールがモデルです。ノルウェーの首相一族であるダグニーは、その美貌と奔放な言動でグループのメンバーの憧れの的でした。

ダグニー・ユール
ダグニー・ユール

ムンクはダグニーに想いを寄せていましたが、ダグニーはグループのメンバーのブシビシェフスキーと結婚します。夫がいても奔放な生活をしていたダグニーは、後に愛人であるロシアの青年に撃たれて死ぬことになります。

ムンクは『マドンナ』というタイトルの作品を1893年頃から多数制作しましたが、これらの作品に描かれた女性は「マドンナ」=聖母のイメージとは程遠いものです。

左隅の胎児と周囲を縁取る精子や、女性の恍惚とした表情から、生・性がテーマのようでありながら、死を感じさせる不吉な雰囲気もたたえています。

女性を美の対象として神聖化する一方、男性を誘惑して破滅に導く「ファム・ファタール」と捉えていたムンクの女性観が色濃く反映されています。

関連記事

  1. ゴヤ『アルベルト・フォラステールの肖像』
  2. ルノワール『レースの帽子の少女』
  3. セザンヌ『サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール』
  4. ラ・トゥール『聖トマス』
  5. ルノワール『少女』
  6. マネ『自画像』
  7. ドガ『マネとマネ夫人像』
  8. ゴーギャン『海辺に立つブルターニュの少女たち』
ジョット『小鳥への説教』
  1. セザンヌ『リンゴとオレンジ』
  2. ルノアール『ピアノに向かう娘たち』
  3. マネ『草上の昼食』
  4. [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]Artwork details[/su_heading] [su_list icon="icon: pencil" icon_color="#80865d"] Title:牛乳を注ぐ女 Artist:ヨハネス・フェルメール(ヤン・フェルメール) Date:1660年頃 Dimensions:45.5×41cm Medium:油彩、カンヴァス Collection:アムステルダム国立美術館、アムステルダム [/su_list] [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]作品解説[/su_heading] 『牛乳を注ぐ女』は初期の傑作で、上流階級の女性を描くことが多かったフェルメールには珍しく、台所で働く若いメイドが単独で描かれています。 画面のさまざまなところにポワンティエ技法(点綴法)が用いられていることから、フェルメールがカメラ・オブスキュラを用いて絵を描いていたという見方もあります。 フェルメールは非常に高価なラピスラズリを原材料とする青色(ウルトラマリンブルー)を多用しています。この色は別名フェルメール・ブルーとも呼ばれていますが、『牛乳を注ぐ女』ではメイドのエプロンなどに使われています。 ラピスラズリを下地に用いるなどふんだんに使ったことが、フェルメールが負債を抱える原因の一つとなったという説もあります。 フェルメールはこの絵のような青と黄色の組み合わせを好んで用いており、『真珠の耳飾りの少女』『手紙を読む女』『レースを編む女』『水差しを持つ女』などにも同様の配色が見られます。 また、最近の調査で、途中の段階では壁に地図(もしくは絵画)があり、床に洗濯かごが置かれていたことがわかっ
  5. ミケランジェロ『聖家族』

翻訳 Translation

大塚国際美術館 所蔵作品索引

  1. 大塚国際美術館 画家別索引【ア行】 アングル「オダリスク」
  2. 大塚国際美術館 画家別索引【カ行】 portrait-of-adele-bloch-bauer-i-02
  3. 大塚国際美術館 画家別索引【サ行】 スーラ
  4. 大塚国際美術館 画家別索引【タ行】【ナ行】 ドラクロワ
  5. 大塚国際美術館 画家別索引【ハ行】 フェルメール
  6. 大塚国際美術館 画家別索引【マ行】 Jean-François Millet Bergère avec son troupeau
  7. 大塚国際美術館 画家別索引【ヤ行】【ラ行】【ワ行】 レンブラント
PAGE TOP