名古屋市美術館

Girl-with-Pigtails-002

名古屋市美術館とは

1988年に開館した名古屋市美術館は、建築家・黒川紀章の代表作で、西欧と日本の文化、歴史と未来の共生を主要なテーマとしています。コーヒーショップの椅子とテーブルも、黒川のデザインによるものです。

名古屋市美術館は「郷土の美術」を収集することから出発し、北川民次、三岸節子、荒川修作、河原温、桑山忠明については系統だったコレクションを所蔵しています。

それに加えて、「エコール・ド・パリ」「メキシコ・ルネサンス」「現代の美術」の4つを収集方針とし、収集を続けています。

所在地

〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目17-25(芸術と科学の杜・白川公園内) 

TEL

052-212-0001

開館時間

9:30~17:00
9:30~20:00(5月3日を除く金曜日)
(入館は閉館時刻の30分前まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
そのほか臨時休館あり

アクセス

  • 地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
  • 地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
  • 地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分

公式サイト

名古屋市美術館 – 芸術と科学の杜・白川公園内 – Nagoya City Art Museum

主な所蔵作品

コレクション | 名古屋市美術館
  • ヴァン・ドンゲン『コルセットの女』
  • オロスコ『メキシコ風景』
  • カーロ『死の仮面を被った少女』
  • キスリング『新聞のある静物』
  • キスリング『マルセル・シャンタルの肖像』
  • キスリング『ルネ・キスリング夫人の肖像』
  • キーファー『シベリアの王女』
  • シケイロス『婦人像』
  • シケイロス『カウテモックの肖像』
  • シャガール『二重肖像』
  • ステラ『説教』
  • スーチン『セレの風景』
  • スーチン『鳥のいる静物』
  • スーチン『農家の娘』
  • タマヨ『苦悶する人』
  • タマヨ『乗り遅れた乗客』
  • タマヨ『横笛を吹く人』
  • タマヨ『夜の踊り子たち』
  • パスキン『クララとジュヌヴィエーヴ』
  • パスキン『横たわるエリアーヌ』
  • ポサダ『骸骨の自転車乗り』
  • モディリアーニ『おさげ髪の少女』
  • モディリアーニ『立てる裸婦(カリアティードのための習作)』
  • ユトリロ『ノルヴァン通り』
  • ユトリロ『マルカデ通り』
  • ユトリロ『ラパン・アジル』
  • リベラ『スペイン風景(トレド)』
  • リベラ『プロレタリアの団結』
  • リベラ『ヘンリー・ノーウェッブの肖像』
  • リベラ『ホコの葬列』
  • リベラ『自画像』
  • リベラ『タコスを持つ子供』
  • リベラ『大地の果実』
  • リベラ『夢』
  • ローランサン『アポリネールの娘』
  • ローランサン『サーカスにて』
  • ローランサン『横たわる裸婦』