大塚国際美術館

アンソール『陰謀』


Artwork details
  • Title:陰謀
  • Artist:ジェイムズ・アンソール
  • Date:1890年
  • Dimensions:90×150cm
  • Medium:油彩、カンヴァス
  • Collection:アントウェルペン王立美術館、アントウェルペン

作品解説

『陰謀』は、アンソールの妹マリエットが実家の土産物屋に出入りしていた卸業者の中国人と結婚し、1年で離婚したことに基づいて描かれたと推測されています。

画面中央のシルクハットをかぶった人物が結婚相手の中国人で、その隣で飾りのついた帽子をかぶっているのが、新婦のマリエットです。

アンソールの描く仮面は、グロテスクで不気味である一方、どこかユーモラスで憂いをたたえているようにも見えます。

カーニバル用の仮面や東洋の骨董など、アンソールの作品のモチーフは、実家の土産物店で売られていたものから多く取られています。

関連記事

  1. デューラー『四使徒』 デューラー『四使徒』
  2. フェルメール『デルフトの眺望』 フェルメール『デルフトの眺望』
  3. セザンヌ『リンゴとオレンジ』 セザンヌ『リンゴとオレンジ』
  4. ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『大工の聖ヨセフ』 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『大工の聖ヨセフ』
  5. ジョット『小鳥への説教』 ジョット『小鳥への説教』
  6. ミケランジェロ『聖家族』 ミケランジェロ『聖家族』
  7. フェルメール『手紙を読む女(青衣の女)』 フェルメール『手紙を読む女(青衣の女)』
  8. [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]Artwork details[/su_heading] [su_list icon="icon: pencil" icon_color="#80865d"] Title:牛乳を注ぐ女 Artist:ヨハネス・フェルメール(ヤン・フェルメール) Date:1660年頃 Dimensions:45.5×41cm Medium:油彩、カンヴァス Collection:アムステルダム国立美術館、アムステルダム [/su_list] [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]作品解説[/su_heading] 『牛乳を注ぐ女』は初期の傑作で、上流階級の女性を描くことが多かったフェルメールには珍しく、台所で働く若いメイドが単独で描かれています。 画面のさまざまなところにポワンティエ技法(点綴法)が用いられていることから、フェルメールがカメラ・オブスキュラを用いて絵を描いていたという見方もあります。 フェルメールは非常に高価なラピスラズリを原材料とする青色(ウルトラマリンブルー)を多用しています。この色は別名フェルメール・ブルーとも呼ばれていますが、『牛乳を注ぐ女』ではメイドのエプロンなどに使われています。 ラピスラズリを下地に用いるなどふんだんに使ったことが、フェルメールが負債を抱える原因の一つとなったという説もあります。 フェルメールはこの絵のような青と黄色の組み合わせを好んで用いており、『真珠の耳飾りの少女』『手紙を読む女』『レースを編む女』『水差しを持つ女』などにも同様の配色が見られます。 また、最近の調査で、途中の段階では壁に地図(もしくは絵画)があり、床に洗濯かごが置かれていたことがわかっ フェルメール『牛乳を注ぐ女』
フェルメール『真珠の耳飾りの少女』
  1. レンブラント『夜警』
  2. ジョット『小鳥への説教』
  3. ボナール『浴槽の裸婦』
  4. ルーベンス『レウキッポスの娘たちの掠奪』
  5. カラヴァッジョ『果物籠』
  6. フラ・アンジェリコ『受胎告知』

翻訳 Translation

大塚国際美術館 所蔵作品索引

  1. 大塚国際美術館 画家別索引【ア行】 アングル「オダリスク」
  2. 大塚国際美術館 画家別索引【カ行】 portrait-of-adele-bloch-bauer-i-02
  3. 大塚国際美術館 画家別索引【サ行】 スーラ
  4. 大塚国際美術館 画家別索引【タ行】【ナ行】 ドラクロワ
  5. 大塚国際美術館 画家別索引【ハ行】 フェルメール
  6. 大塚国際美術館 画家別索引【マ行】 Jean-François Millet Bergère avec son troupeau
  7. 大塚国際美術館 画家別索引【ヤ行】【ラ行】【ワ行】 レンブラント
PAGE TOP