大塚国際美術館

カラヴァッジョ『聖マタイの召命』

カラヴァッジョ『聖マタイの召命』

Artwork details
  • Title:聖マタイの召命
  • Artist:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ
  • Date:1600年
  • Dimensions:322×340cm
  • Medium:油彩、カンヴァス
  • Collection:サン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂、ローマ

作品解説

『聖マタイの召命』は、キリストが、徴税人であったマタイを見出し(召命)、弟子にする場面を描いています。

この作品はカラヴァッジョにとっての出世作となった作品で、窓から差し込む光によるくっきりとした明暗や、同時代の民衆をモデルにした写実的な描写という特徴が出ています。

この絵が置かれているコンタレッリ礼拝堂も薄暗く、絵を見る人にまさに自分の眼前でこの出来事が起こっているかのような感覚をもたらしたと思われます。

この作品は『聖マタイの殉教』『聖マタイの霊感』との連作ですが、公開当時、大評判で絵を見ようと人々が教会に押しかけたといいます。

長い間、中央の髭の人物がマタイであると思われていましたが、人差し指を向けた先が、金を数えている青年を指しているようにみえることから、この青年がマタイであるとする説もあります。

関連記事

  1. ピエロ・デラ・フランチェスカ『キリストの鞭打ち』 ピエロ・デラ・フランチェスカ『キリストの鞭打ち』
  2. ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『大工の聖ヨセフ』 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『大工の聖ヨセフ』
  3. 大塚国際美術館とは
  4. 大塚国際美術館 画家別索引【マ行】
  5. レンブラント『ダナエ』 レンブラント『ダナエ』
  6. [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]Artwork details[/su_heading] [su_list icon="icon: pencil" icon_color="#80865d"] Title:牛乳を注ぐ女 Artist:ヨハネス・フェルメール(ヤン・フェルメール) Date:1660年頃 Dimensions:45.5×41cm Medium:油彩、カンヴァス Collection:アムステルダム国立美術館、アムステルダム [/su_list] [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]作品解説[/su_heading] 『牛乳を注ぐ女』は初期の傑作で、上流階級の女性を描くことが多かったフェルメールには珍しく、台所で働く若いメイドが単独で描かれています。 画面のさまざまなところにポワンティエ技法(点綴法)が用いられていることから、フェルメールがカメラ・オブスキュラを用いて絵を描いていたという見方もあります。 フェルメールは非常に高価なラピスラズリを原材料とする青色(ウルトラマリンブルー)を多用しています。この色は別名フェルメール・ブルーとも呼ばれていますが、『牛乳を注ぐ女』ではメイドのエプロンなどに使われています。 ラピスラズリを下地に用いるなどふんだんに使ったことが、フェルメールが負債を抱える原因の一つとなったという説もあります。 フェルメールはこの絵のような青と黄色の組み合わせを好んで用いており、『真珠の耳飾りの少女』『手紙を読む女』『レースを編む女』『水差しを持つ女』などにも同様の配色が見られます。 また、最近の調査で、途中の段階では壁に地図(もしくは絵画)があり、床に洗濯かごが置かれていたことがわかっ フェルメール『牛乳を注ぐ女』
  7. ミケランジェロ『最後の審判』 ミケランジェロ『最後の審判』
  8. フェルメール『デルフトの眺望』 フェルメール『デルフトの眺望』
マネ『草上の昼食』
  1. ルノアール『ピアノに向かう娘たち』
  2. ムンク『叫び』
  3. レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』
  4. ヤン・ステーン『乱れた家族』
  5. [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]Artwork details[/su_heading] [su_list icon="icon: pencil" icon_color="#80865d"] Title:牛乳を注ぐ女 Artist:ヨハネス・フェルメール(ヤン・フェルメール) Date:1660年頃 Dimensions:45.5×41cm Medium:油彩、カンヴァス Collection:アムステルダム国立美術館、アムステルダム [/su_list] [su_heading style="modern-1-dark" size="16"]作品解説[/su_heading] 『牛乳を注ぐ女』は初期の傑作で、上流階級の女性を描くことが多かったフェルメールには珍しく、台所で働く若いメイドが単独で描かれています。 画面のさまざまなところにポワンティエ技法(点綴法)が用いられていることから、フェルメールがカメラ・オブスキュラを用いて絵を描いていたという見方もあります。 フェルメールは非常に高価なラピスラズリを原材料とする青色(ウルトラマリンブルー)を多用しています。この色は別名フェルメール・ブルーとも呼ばれていますが、『牛乳を注ぐ女』ではメイドのエプロンなどに使われています。 ラピスラズリを下地に用いるなどふんだんに使ったことが、フェルメールが負債を抱える原因の一つとなったという説もあります。 フェルメールはこの絵のような青と黄色の組み合わせを好んで用いており、『真珠の耳飾りの少女』『手紙を読む女』『レースを編む女』『水差しを持つ女』などにも同様の配色が見られます。 また、最近の調査で、途中の段階では壁に地図(もしくは絵画)があり、床に洗濯かごが置かれていたことがわかっ

翻訳 Translation

大塚国際美術館 所蔵作品索引

  1. 大塚国際美術館 画家別索引【ア行】 アングル「オダリスク」
  2. 大塚国際美術館 画家別索引【カ行】 portrait-of-adele-bloch-bauer-i-02
  3. 大塚国際美術館 画家別索引【サ行】
  4. 大塚国際美術館 画家別索引【タ行】【ナ行】
  5. 大塚国際美術館 画家別索引【ハ行】
  6. 大塚国際美術館 画家別索引【マ行】
  7. 大塚国際美術館 画家別索引【ヤ行】【ラ行】【ワ行】
PAGE TOP