カテゴリー:19世紀 近代2

  • ナビ派

    エドゥアール・ヴュイヤールポール・セリュジェモーリス・ドニピエール・ボナールポール・ランソン…
  • ボナール

    親密派(アンティミスム)の代表的な画家。室内や家族など身近な題材を個人の内面世界を反映させて描きました。華麗な色彩表現から色の魔術師と呼ばれ、印象主義とルノワールの画風を継承しました。 (さら…
  • アンソール

    1883年から仮面が、1885年頃から骸骨が頻繁に作品に登場するようになり、「仮面と骸骨の画家」といわれました。骸骨は中世以来、快楽の虚しさを表すものとして描かれていました。アンソールが骸骨を好んで描…
  • ゴッホ

    思い込みの激しい性格で、思いついたらすぐ行動し、嵐のような短い人生を送りました。10年で800点の油彩と850点のデッサンを残しましたが、生前に売れたのは1点だけでした。「自分をもっと力強く表…
  • ゴーギャン

    ゴーギャンは自分の作品を「象徴主義的総合主義」と呼びました。線や色などの絵画の要素を総合して、画家の意図を表現するというものです。ゴーギャンは「あまり自然に即して描いてはいけない。芸術とはひとつの抽象…
  • セザンヌ

    長時間モチーフを眺めてその本質をとらえ、さまざまな視点からの色、形を再構築して描くという、それまでになかった新しい手法を用い、本物のコピーではない絵画という独自の世界をつくり出しました。構図やタッチ、色彩…
  • 象徴主義の画家

    ジェイムズ・アンソールフェルナン・クノップフグスタフ・クリムトピエール ピュヴィス・ド・シャヴァンヌジョヴァンニ・セガンティーニヤン・トーロップアルノルト・ベックリンエミール・ベル…
  • 写実主義/レアリスムの画家

    ギュスタヴ・クールベジョン・シンガー・サージェントジョヴァンニ・ボルディーニオノレ・ドーミエエドゥアール・マネアンリ・ファンタン・ラトゥールイリヤ・レーピンカミーユ…
  • ポスト印象派/後期印象派の画家

    フィンセント・ファン・ゴッホポール・ゴーギャンエミール・シュフネッケルポール・セザンヌヤコプ・マイケル・デ・ハーンエミール・ベルナールシャルル・ラヴァル…
  • 新印象派の画家

    アンリ=エドモン・クロスポール・シニャックジョルジュ・スーラヤン・トーロップカミーユ・ピサロ…
ページ上部へ戻る