ラ・トゥール

18~19世紀 近代1

ロココ

太陽王ルイ14世が1715年に亡くなると、曽孫のルイ15世が5歳で即位し、オルレアン公フィリップが摂政として国政を仕切りました。 壮麗で威圧的なバロックから、軽やかで優美なロココへの転換は、このオルレアン公の摂政時代にほぼ対応...
17世紀 バロック

17世紀のフランス美術

17世紀、フランスは宗教戦争の混乱から強力な王権によって国家を再建しようとしました。 文化と芸術は庇護され、古典やラファエロなどのルネサンス芸術を学ぶ王立アカデミーが作られました。そこから、厳正で明晰なフランス古典主義が生まれ...
17世紀 バロック

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました