マネ

18~19世紀 近代1

印象派

印象派の父といわれるマネが描いた「草上の朝食」と「オランピア」は、どちらもスキャンダルを巻き起こしましたが、その明るい画面は多くの若い画家をひきつけました。 19世紀のフランスの画家にとって、サロンは作品を公表できるほとんど唯...
18~19世紀 近代1

写実主義

1789年のフランス革命以後、7月革命と2月革命がおきましたが、いずれも王政を倒し、人民の権利と平等を手に入れることを目指したものでした。共和制の理想を実現しようとする動きは美術にもおよび、サロンにも日常的で現実的なことを題材にする...
18~19世紀 近代1

マネ

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました