ポン・タヴェン派とナビ派

セリュジエ「護符」
ポン・タヴェン派とナビ派

1880年代後半、フランス北西部ブルターニュのポン・タヴェン村には印象派や点描派、バルビゾン派風などの芸術家が集まっていました。

ゴーギャンを中心にベルナール、セリュジエ、ラヴァル、メイエル・ド・ハーンらからなるグループはポン・タヴェン派と呼ばれます。 “ポン・タヴェン派とナビ派” の続きを読む

ボナール

ピエール・ボナール(Pierre Bonnard)
Pierre_Bonnard_by_Odilon_Redon

  • 親密派(アンティミスム)の代表的な画家。室内や家族など身近な題材を個人の内面世界を反映させて描きました。
  • 華麗な色彩表現から色の魔術師と呼ばれ、印象主義とルノワールの画風を継承しました。
“ボナール” の続きを読む