ドラン

20世紀~

エコール・ド・パリ

第一次大戦後、フランスは愛国心をさらに称揚するとともに、人間性の回復、西欧および自国の芸術の伝統復興をとなえました。 ルーヴル美術館の再開に続き、古典的伝統を代表する絵画がもてはやされ、作品の主題は、祖国の風景や伝統的な人物像...
20世紀~

フォービスム

世紀末の装飾芸術は、1900年のパリ万国博覧会を頂点に終息に向かい、若い芸術家たちの意識は「純粋」な絵画へ向けられます。 1903年設立のサロン・ドートンヌは、アンデパンダン展とともに、こうした新しい芸術家たちの登場の場となり...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました