象徴主義

クリムト「接吻」
象徴主義

19世紀後半、産業革命以来の技術革新で、社会はベル・エポックと呼ばれる華やかな時代を迎えました。その時代に生まれた象徴主義は、物質主義社会への反抗として、神秘的なもの、超自然的なものを表現しようとしました。

フランスではシャヴァンヌやモローが現れ、象徴主義のさきがけとなります。 “象徴主義” の続きを読む

新印象主義

新印象主義

最後の印象派展となった1886年の第8回展では、はじめて参加したスーラやシニャックの絵画が注目されました。

スーラとシニャックは、1884年に開かれた第1回アンデパンダン展で出会いました。

スーラは明確な形態と構成を重視する古典主義的な資質を持った画家でした。彼がこの展覧会に出品した「アニエールの水浴」は、印象派風の主題でありながら、楽しげなにぎわいよりも静かな秩序が支配しています。 “新印象主義” の続きを読む