象徴主義

象徴主義

19世紀後半、産業革命以来の技術革新で、社会はベル・エポックと呼ばれる華やかな時代を迎えました。その時代に生まれた象徴主義は、物質主義社会への反抗として、神秘的なもの、超自然的なものを表現しようとしました。

フランスではシャヴァンヌやモローが現れ、象徴主義のさきがけとなります。

モローの「目に見えないもの、ただ感じるものを信じる」という言葉が、象徴主義の考えを端的に表しています。

19世紀末、象徴主義はベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリアなどヨーロッパ中に広まります。