ロマン主義

ロマン主義

ロマン主義は、まず文学で運動が起こり、絵画に関しては18世紀後半に始まります。

新古典主義がギリシア美術を唯一の美の基準としたのに対し、ロマン主義は多様な美しさを主張しました。

激動感のあるドラマチックな表現が用いられ、時事的な事件や小説、オリエンタルなモチーフなどが題材に選ばれました。