写実主義

写実主義

1789年のフランス革命以後、7月革命と2月革命がおきましたが、いずれも王政を倒し、人民の権利と平等を手に入れることを目指したものでした。共和制の理想を実現しようとする動きは美術にもおよび、サロンにも日常的で現実的なことを題材にする写実主義が現れます。

クールベは主題や表現で斬新な試みを行って世間を驚かせ、ミレーやドーミエらも貧しい労働者を力強く描いて新しい分野を開拓しました。