新古典主義

新古典主義

18世紀半ばから19世紀初めにかけて流行した新古典主義は、古代に完成された「理想の美」を目指しました。

18世紀前半、イタリアのポンペイなど、遺跡の発掘が相次ぎ、ヨーロッパで古代ギリシア・ローマへのあこがれが高まりました。

ドイツの考古学者ヴィンケルマンの著書「ギリシア芸術模倣論」はヨーロッパで反響を呼び、多くの画家が古典を理想とする彼の考えに共鳴します。

この美術運動は、ローマからヨーロッパ各地に波及しました。新古典主義絵画はダヴィッドによって確立され、弟子のアングルがそれをさらに発展させました。