モネ『アルジャントゥイユのヒナゲシ』

スポンサーリンク

モネ『アルジャントゥイユのヒナゲシ』

作品詳細

  • Title:アルジャントゥイユのヒナゲシ
  • Artist:クロード・モネ
  • Date:1873年
  • Dimensions:50×65cm
  • Medium:油彩、カンヴァス
  • Collection:オルセー美術館、パリ

作品解説

普仏戦争とそれに続くパリ・コミューンを避けてロンドンにいたモネが、1871年に帰国して落ち着いたのが、パリ近郊のアルジャントゥイユでした。

セーヌ河畔のこの村の借家を紹介したのはマネで、マネはもちろん、ルノワール、シスレーらもここを訪れ、制作を行いました。

ヒナゲシの咲き乱れる丘を歩く女性と子供のモデルは、妻カミーユと息子のジャンと推測されます。

丘の上と下に同じような人物を描くことで、モネは一枚の絵の中に時間の移ろいを表現しようとしたのかもしれません。

1874年の第1回印象派展の出品リストにある『ヒナゲシ』はこの作品のことです。

タイトルとURLをコピーしました