信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 沢瀉

作品詳細 水田やため池などに自生する水生植物。おせち料理などに使うクワイは、オモダカの栽培変種である。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 山吹八重咲

作品詳細 花弁の一部が白っぽく見えるが、これは絵の具の剥落ないし退色と思われ、元の花色は黄色だったと思われる。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 鉄線 

作品詳細 原産地は中国。日本には江戸時代までに入ったといわれる。白い花弁に見えるのはガク片で、中央の紫色の部分はおしべ。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 河骨

作品詳細 スイレン科の水生多年草で、浅めの池などに自生する。解熱や鎮痛などの目的で、漢方にも用いられる。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 肥後椿

作品詳細 熊本で武士階級によって改良されたといわれるツバキの重要な系統で、おしべが多く大輪で華やかである。 『若冲の花』
信行寺 花卉天井画 Shingyoji

信行寺 花卉天井画 万年青

作品詳細 常緑の多年草は縁起が良いとされ、徳川家康は江戸入城の際、真っ先に床の間に運び家運長久を祈った。 (格天井の万年青は)果実が赤熟した冬の姿。種子遺伝のものが多く、大切に育てられた。描かれた葉は虎斑の一...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました