17世紀のフランス美術

17世紀のフランス美術

17世紀、フランスは宗教戦争の混乱から強力な王権によって国家を再建しようとしました。

文化と芸術は庇護され、古典やラファエロなどのルネサンス芸術を学ぶ王立アカデミーが作られました。そこから、厳正で明晰なフランス古典主義が生まれました。

フランス古典主義は絵画・彫刻・建築・文学などの各分野に侵透していき、プッサンは古典主義的絵画を確立しました。

ルイ14世の治世には、バロック芸術の演劇性を取り入れた壮麗な宮廷文化がヴェルサイユに花開き、フランス文化が西欧の規範となっていきます。