葛飾北斎

Favorite arts

冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見

作品詳細
Favorite arts

千絵の海 甲州火振

作品詳細 画面からは甲州のいずれの地であるのか判断しがたいが、人家の明かりのないことから、山間地のように見受けられる。おそらく大きな川の支流と思われ、水は左右に蛇行しながら速い流れをみせ、男たちのかざす松明は川風に激し...
Favorite arts

千絵の海 総州銚子

作品詳細 「冨嶽三十六景」に続いて文政9年(1826)ころから着手されたと推定される「千絵の海」十枚揃は、いわば、水を主題にしたシリーズで、海や川のさまざまな様態とそこに働く漁民たちの生活の諸相が描かれている。同様に水...
Favorite arts

冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏

作品詳細
Favorite arts

冨嶽三十六景 駿州江尻

作品詳細 江尻宿(現・静岡県静岡市清水区)は東海道18番目の宿駅だが、北斎はその近くの姥ヶ池あたりを描いたとされる。画面は、大きく蛇行する土手の往来をとらえたものだが、笠を飛ばされる男や、着物の裾を押さえる婦人など、強...
Favorite arts

冨嶽三十六景 本所立川

作品詳細
Favorite arts

冨嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図

作品詳細 駿河町(現・中央区日本橋通室町1,2丁目)は、当時、道の両側の大半が越後屋呉服店の建物で占められていた。北斎は、その越後屋の建物を下から見上げるようなアングルで構図をとり、大屋根を強調しながら瓦葺職人たちの軽...
Favorite arts

冨嶽三十六景 遠江山中

作品詳細
塗り絵 Coloring

浮世絵の塗り絵 14(葛飾北斎)

サムネイル画像をクリックすると大きな画像で表示されますので、画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択し、お使いのパソコンに保存してご利用ください。 葛飾北斎 Katsushika Hokusai 冨嶽三十六景 隅田川関屋...
Favorite arts

冨嶽三十六景 隅田川関屋の里

作品詳細 “かへるさの道に関屋の里もあれな、隅田河原のあかぬながめに”と古歌に詠まれた関屋の里は、足立区千住のあたりに相当する。今は煤煙に汚れた街並みであるが北斎のころはまだ古歌と変わらなかったらしい。 一面が芦に覆...
タイトルとURLをコピーしました