牧野富太郎

美術展 Art exhibition

牧野式植物図への道 Ⅰ - 種の全体像を描くために -(練馬区立牧野記念庭園記念館)

「日本の植物学の父」といわれる牧野富太郎(1862-1957)の植物図は、描写の精密なことや、花期、果実期などその植物の各成長段階を描写している点などに特徴があり、「牧野式植物図」と呼ばれています。  「牧野式植物図への道 Ⅰ -...
タイトルとURLをコピーしました