勝川春章

Favorite arts

二代目市川八百蔵の桜丸、二代目中島三甫右衛門の藤原時平、三代目市川海老蔵の松王丸、九代目市村宇左衛門の梅王丸

作品詳細 『菅原伝授手習鑑』(すがわらでんじゅてならいかがみ)は、『義経千本桜』、『仮名手本忠臣蔵』と共に歌舞伎の三大傑作とされています。 梅王丸、松王丸、桜丸は百姓である四郎九郎の息子たちで、牛車を扱う舎人とし...
Favorite arts

四代目市川団十郎の景清

作品詳細 『景清』(かげきよ)は歌舞伎十八番の一つで、景清が牢を破るという荒事芸を見せるところから、『牢破りの景清』とも呼ばれています。
Favorite arts

二代目嵐三五郎と三代目瀬川菊之丞の鴛鴦

作品詳細 歌舞伎『鴛鴦(おしどり)』は、1775年に江戸の中村座において上演されました。 鳥の羽を模した着物の柄と2人のポーズがおもしろいです。
美術展 Art exhibition

「勝川春章-北斎誕生の系譜」(太田記念美術館)

勝川春章(1726?〜1792) 江戸時代中期の浮世絵師。 歌舞伎役者を写実的に描いた役者絵で一世を風靡し、相撲絵、武者絵などさまざまなジャンルの作品を手掛けました。 晩年は緻密な肉筆美人画の制作に専念。 勝川春章は弟子を多く育...
タイトルとURLをコピーしました