鵙 翠雀 虎耳草 蛇苺(もず るり ゆきのした へびいちご)

hokusai_Shrike and Bluebird with Begonia and Wild Strawberry

作品詳細

  • Title:鵙 翠雀 虎耳草 蛇苺(もず るり ゆきのした へびいちご) Warbler and Roses (Kôchô, bara), from an untitled series known as Small Flowers
  • Artist:葛飾北斎 Katsushika Hokusai
  • Date:1834年(天保5年)頃
虎耳草は薬草の雄、汁は百日咳や耳だれに効果があり、あぶって貼れば火傷・しもやけ・腫れ物に効く。一方の蛇苺は蛇が好んで食べるとされ、実際は無害であるものの、毒があると考えられてきた。北斎は対照的な薬草と毒草を組み合わせたのだろう。そう思って鳥のほうを見れば、鵙は「もずの速贄」として知られる荒々しい鳥、一方の翠雀は美しい瑠璃色の羽毛を誇る小鳥、やはりコントラストな豊かなペアだ。
『浮世絵ギャラリー1 北斎の花』(河野元昭)

タイトルとURLをコピーしました