浮世絵の塗り絵 17(歌川広重)

画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択し、お使いのパソコンに保存してご利用ください。

歌川広重 Utagawa Hiroshige

名所江戸百景 する賀てふ Suruga-chô, from the series One Hundred Famous Views of Edo (Meisho Edo hyakkei)

Suruga-chô, from the series One Hundred Famous Views of Edo (Meisho Edo hyakkei)
Suruga-chô, from the series One Hundred Famous Views of Edo (Meisho Edo hyakkei)

富士見の名所としても知られた駿河町は、現在の日本橋室町。通りの両側には江戸随一の大店である呉服屋の三井越後屋(三越の前身)が店を構える。町の賑わいと壮麗な富士山を組み合わせた構図は『江戸名所図会』(巻之一、天保5年[1834])の挿図を転用したものだが、江戸の繁栄を強調するかのように広重はあえて富士山を大きく描いた。
『別冊太陽 広重決定版』

※ご利用の際はこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました