ナイーヴ・アート/素朴派

ナイーヴ・アート/素朴派

素朴派とは、独学で独自の画風を生み出した画家たちを指す名称で、特定のグループや流派の集まりではありません。

ルソーは素朴派のなかで最も有名ですが、税関に勤めながら絵を描く日曜画家でした。41歳でサロンにはじめて出品しますが、落選。49歳で仕事をやめ、創作活動に専念します。

Henri_Rousseau_-_The_Football_Players
「フットボールをする人々」が囚人服なのは、詐欺で服役中だったから。

ピカソはルソーをアトリエ「洗濯船」に招いてパーティーを催し、絵も所有していました。

ルイ・ヴィヴァンは郵便配達夫として60歳過ぎまで働き、退職後に絵を描きました。モンマルトルの丘で開催された、下手な絵の見本市と呼ばれた展覧会に出品していました。

LOUIS VIVIN_ville-au-moulin-pr-s-du-canal-en-hiver

グランマ・モーゼスはアメリカの農家の主婦で、75歳のときに絵を描き始めます。ドラッグストアに並べていた絵が蒐集家の目にとまり、80歳で個展を開き、たちまち有名になりました。子どもの頃の思い出や日常の出来事を描き続け、101歳で死去するまでに、1600点もの作品を残しました。

GRANDMA MOSES_apple-butter-making-1947

カミーユ・ボンボワは水上生活をしている両親のもとに生まれ、やがてサーカス団のレスラーになると同時に絵を描き始めました。やがてパリに出て地下鉄の工員、新聞印刷工場の夜間労働者として働き、夜明けから夕暮れまで絵を描くという生活を送りました。

アンドレ・ボーシャンは家業の園芸に従事していましたが、第一次大戦のときに担当した製図がきっかけで、44歳のときに絵を描き始めます。1921年のサロン・ドートンヌに出した作品がル・コルビュジェらの目にとまり、やがて、ロシア舞踏団の舞台装置を担当するまでになりました。
 
Andre-Bauchant_personnages-et-fleurs-1947