エコール・ド・パリ

モディリアーニ「ジャンヌ・エビュテルヌの肖像」
エコール・ド・パリ

第一次大戦後、フランスは愛国心をさらに称揚するとともに、人間性の回復、西欧および自国の芸術の伝統復興をとなえました。

ルーヴル美術館の再開に続き、古典的伝統を代表する絵画がもてはやされ、作品の主題は、祖国の風景や伝統的な人物像、女性ヌードなどが多くなりました。

ブラックやレジェのように戦場に赴く者もいて、パリの前衛芸術の原動力になっていた芸術家たちのコミュニティはいったん解体します。 “エコール・ド・パリ” の続きを読む