フェルメール

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)
  • レンブラントと並んで17世紀のオランダ美術を代表する画家で、市民の日常の情景を描きました。風俗画でありながら、フェルメールの作品は時間が止まったかのような静謐さをたたえています。
  • ハイライト部分などにポワンティエ(点綴法)が用いられていることから、作品を制作するためにカメラ・オブスキュラを使ったと推測されています。
  • 生涯についてはあまり知られておらず、20年以上にわたるフ画家生活で、現存する作品数が40点弱と寡作なのは、義母が裕福だったことに加えて、ファン・ライフェンの援助が大きかったと思われます。
  • 1662年、70年の二度、聖ルカ組合の理事に選ばれていることは、フェルメールが画家として高い評価を得ていたことを示しています。
“フェルメール” の続きを読む