初期ルネサンスの画家

初期ルネサンス

14世紀は一般的には中世に含まれますが、イタリアではダンテやペトラルカ、ボッカチオが写本の形で残された古代ローマ文学を発掘して、それまで神学の陰に埋もれていた人間の世界に再び目を向けようとしました。

そこでこの時期を、ルネサンスの準備段階としての「プロト(原)・ルネサンス」と呼んでいます。

その精神はダンテの友人だったジョットによる造形表現の革新につながりました。こうした刷新の動きは14世紀半ばにイタリアを襲ったペストの流行によって一時頓挫するものの、15世紀初めから再度活発となります。

美術においてルネサンスが本格化するこの15世紀は、初期ルネサンスとして区分されます。 “初期ルネサンスの画家” の続きを読む