イタリアのゴシック

イタリアのゴシック

ビザンティン様式の影響が強く残っていたイタリアでは、13世紀の半ばから新しい市民社会の誕生とともに、新しい表現の絵画を生み出しました。

その代表がシエナとフィレンツェです。

シエナでは、ドゥッチョやシモーネ・マルティーニ、ロレンツェッティ兄弟が優美さや繊細な装飾が特徴の作品を残しました。
“イタリアのゴシック” の続きを読む