ドイツ・ルネサンス

ドイツ・ルネサンス

15世紀のヨーロッパは、戦乱、動乱、疫病、飢餓に見舞われました。16世紀のドイツでは死の舞踏の主題が流行するなど、社会は不安と閉塞感に満ちていました。

そのような中、デューラー、グリューネヴァルト、クラナッハ、ホルバインらは、それぞれ独自の様式を生み出しました。

ゴシック様式が多分に残る北方に、イタリア的な人文主義の観点が取り入れられたのです。

コメントを残す