ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni)

220px-Michelangelo-Buonarroti1

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロとともにルネサンス3大巨匠と称されています。
  • 自らを画家ではなく彫刻家と自負し、彫刻のような人物像を描きました。
  • 人嫌いかつ傲岸な性格のため、弟子をとらず、作品を一人で制作しました。
Biography
  • 1475年 イタリアのフィレンツェ共和国で生まれる。
  • 共和国政府の臨時職員だった父は、のちに大理石採石場の経営を始め、石工の一家と住むようになる。
  • 1488年 画家ドメニコ・ギルランダイオの工房に入門する。
  • 1490-1492年 メディチ家の創設したプラトン・アカデミーに参加して新プラトン主義(ネオプラトニズム)の学者や詩人と交流した。また、ロレンツォ・ディ・メディチの庇護を受け、メディチ家の収集した古代彫刻の模作をした。
  • 1496年 ローマに移り、『ピエタ』を制作。イエス・キリストの亡骸を抱いて嘆く聖母マリアは、従来年配の女性で表現されていたが、この像では若い女性である。
  • 1499-1501年 フィレンツェに戻り、2人の前任者が投げ出した5mもの巨大な『ダヴィデ像』を完成させ、彫刻家としての名声を確立する。
  • 1505年 教皇ユリウス2世の墓碑の建造を依頼され、ローマに移る。
  • 1508-1512年 ユリウス2世の依頼によりシスティーナ礼拝堂の天井画を制作する。
  • 1513年 ユリウス2世が死去し、ロレンツォ・デ・メディチの次男ジョヴァンニ・デ・メディチがレオ10世となる。レオ10世はメディチ家のための教会であるサン・ロレンツォ大聖堂の建築と彫刻をミケランジェロに依頼。
  • 1535年 教皇庁の主任建築家、彫刻家、画家となる。
  • 1535年頃 40歳代後半のペスカーラ侯爵夫人ヴィットリア・コロンナと知り合う。ヴィットリアが死去する1547年まで親交を結ぶ。
  • 1535-1541年 『最後の審判』を制作。
  • 1546年 サン・ピエトロ大聖堂の造営主任になる。
  • 1564年 ローマにて死去。フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂に埋葬された。
  • 代表作
    • 『ピエタ』(1499年サン・ピエトロ大聖堂、ヴァチカン、ローマ)/
    • 『キリストの埋葬』(1500-1501年頃/ナショナル・ギャラリー、ロンドン)
    • 『ダヴィデ像』(1504年/アカデミア美術館、フィレンツェ)
    • 『聖家族』(1507年頃/ウフィツィ美術館、フィレンツェ)
    • 『システィーナ礼拝堂天井画』(1508-1512年頃/システィーナ礼拝堂、ヴァチカン、ローマ)
    • 『瀕死の奴隷』(1513-1515年/ルーヴル美術館、パリ)
    • 『モーセ像』(1513-1515年頃/サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ、ローマ)
    • 『ヌムール公ジュリーノ・ディ・メディチの墓碑』(1520-1534年 メディチ家礼拝堂、フィレンツェ)
    • 『ウルビーノ公ロレンツォ・ディ・メディチの墓碑』(1520-1534年 メディチ家礼拝堂、フィレンツェ)
    • 『最後の審判』(1536-1541年/システィーナ礼拝堂、ヴァチカン、ローマ)

関連記事

翻訳 Translation

ページ上部へ戻る