過去の記事一覧

  • ムンク

    幼少期に身近に「死」を実感し、自身も病弱で絶えず生きることに不安を抱き続けました。「病と狂気と死は、私の揺り籠の上を舞い、その後も私を追い続けた黒い天使であった」と晩年に語っています。風景や人物など描…
  • ナビ派

    エドゥアール・ヴュイヤールポール・セリュジェモーリス・ドニピエール・ボナールポール・ランソン…
  • ボナール

    親密派(アンティミスム)の代表的な画家。室内や家族など身近な題材を個人の内面世界を反映させて描きました。華麗な色彩表現から色の魔術師と呼ばれ、印象主義とルノワールの画風を継承しました。 (さら…
  • アンソール

    1883年から仮面が、1885年頃から骸骨が頻繁に作品に登場するようになり、「仮面と骸骨の画家」といわれました。骸骨は中世以来、快楽の虚しさを表すものとして描かれていました。アンソールが骸骨を好んで描…
  • ゴッホ

    思い込みの激しい性格で、思いついたらすぐ行動し、嵐のような短い人生を送りました。10年で800点の油彩と850点のデッサンを残しましたが、生前に売れたのは1点だけでした。「自分をもっと力強く表…
  • マネ

    主題の扱い方や色彩表現において革新をもたらし、西洋近代絵画の父といわれます。マネはサロンにこだわり、印象派展には出品していません。しかし、印象派の画家たちに大きな影響を与えたため、印象派の先達とされて…
  • ゴーギャン

    ゴーギャンは自分の作品を「象徴主義的総合主義」と呼びました。線や色などの絵画の要素を総合して、画家の意図を表現するというものです。ゴーギャンは「あまり自然に即して描いてはいけない。芸術とはひとつの抽象…
  • ヤン・ステーン

    ユーモアと風刺をこめて農民や小市民のにぎやかな日常生活を描いた風俗画で知られています。 (さらに…)…
  • セザンヌ

    長時間モチーフを眺めてその本質をとらえ、さまざまな視点からの色、形を再構築して描くという、それまでになかった新しい手法を用い、本物のコピーではない絵画という独自の世界をつくり出しました。構図やタッチ、色彩…
  • エル・グレコ

    16世紀スペインを代表する画家ですが、クレタ島生まれのギリシャ人(「エル・グレコ」はスペイン語でギリシャ人という意味)で、本名はドメニコス・テオトコプーロスといい、サインにはその本名が用いられています。…
ページ上部へ戻る