カテゴリー:後期印象派

  • ゴッホ

    思い込みの激しい性格で、思いついたらすぐ行動し、嵐のような短い人生を送りました。10年で800点の油彩と850点のデッサンを残しましたが、生前に売れたのは1点だけでした。「自分をもっと力強く表…
  • ゴーギャン

    ゴーギャンは自分の作品を「象徴主義的総合主義」と呼びました。線や色などの絵画の要素を総合して、画家の意図を表現するというものです。ゴーギャンは「あまり自然に即して描いてはいけない。芸術とはひとつの抽象…
  • セザンヌ

    長時間モチーフを眺めてその本質をとらえ、さまざまな視点からの色、形を再構築して描くという、それまでになかった新しい手法を用い、本物のコピーではない絵画という独自の世界をつくり出しました。構図やタッチ、色彩…
  • ポスト印象派/後期印象派の画家

    フィンセント・ファン・ゴッホポール・ゴーギャンエミール・シュフネッケルポール・セザンヌヤコプ・マイケル・デ・ハーンエミール・ベルナールシャルル・ラヴァル…
ページ上部へ戻る