ラファエル前派

ミレイ「オフィーリア」
ラファエル前派

1837年、18歳の王女ヴィクトリアが大英帝国女王の位につきます。ヴィクトリア女王は国民に人気がありましたが、1848年のフランスの二月革命はヨーロッパ各地の共和主義に影響を及ぼしました。

イギリスでは革命は起きませんでしたが、美術界ではロイヤル・アカデミーに反発し、新しい潮流を生み出そうとするグループが登場しました。ラファエル前派はロセッティ、ミレイ、ハントらが1848年に結成しました。 “ラファエル前派” の続きを読む

バルビゾン派

ミレー「落ち穂拾い」
バルビゾン派

19世紀の前半から半ばにかけて、コローとミレーがフランス美術に新しい息吹をもたらしました。

彼らは現実から多くを学び、戸外での写生によって自然のあるがままの姿を描く技術を習得しました。そのうえで、対立する概念であった自然と人間との関係に対する新しい解釈を美術に持ち込み、それを融合させるような方向を目指しました。 “バルビゾン派” の続きを読む

写実主義

クールベ「画家のアトリエ」
写実主義

1789年のフランス革命以後、7月革命と2月革命がおきましたが、いずれも王政を倒し、人民の権利と平等を手に入れることを目指したものでした。共和制の理想を実現しようとする動きは美術にもおよび、サロンにも日常的で現実的なことを題材にする写実主義が現れます。

クールベは主題や表現で斬新な試みを行って世間を驚かせ、ミレーやドーミエらも貧しい労働者を力強く描いて新しい分野を開拓しました。 “写実主義” の続きを読む